抱擁

辻原登「抱擁」

2・26事件直後、侯爵邸で働く小間使いの語り手と、見えない“誰か”を見つめる5歳の令嬢。話が短すぎるからか、どこか物足りない印象が拭えなかった。ゴシック趣味で舞台設定は良いのに、主人公の語りに魅力が無いせいかもしれない。ラストは余韻が残る。

コメントを残す