慟哭

貫井徳郎「慟哭」

娘を失い新興宗教にはまっていく男と、連続幼女誘拐殺人事件を追う警視庁捜査一課長の物語が交互に進む。大物政治家の隠し子で「ご落胤」「七光り」と揶揄され、自らの娘との関係も破綻している一課長の苦悩と、娘を亡くした男の狂気がやがて重なり合う。ミステリーとしてちょっとした仕掛けはあるものの、それよりはむしろ人間ドラマとして引き込まれた。ただ、仕掛けありきで肝心の謎が投げっぱなしなのは(狙ってのことだろうけど)個人的には物足りない。

コメントを残す