煙か土か食い物

舞城王太郎「煙か土か食い物」

コアなファンのいる舞城王太郎のデビュー作。ミステリというよりは、家族の物語。舞城作品を手に取ったのはこれで3回目だけど、やはりどうにもこの文体に入り込めない。勢いには圧倒されるものの、それほどテンポが良いわけでもなく(それこそ町田康のようなリズム感もなく)、抑え気味の前半の方が好み。物語が結構骨太で面白いだけに、もっと丁寧に書き込んで欲しいと思ってしまう。完全に好みの問題だけど……。

コメントを残す