「宮本常一」 ちくま日本文学22

「宮本常一」 ちくま日本文学22

未読の文章が何編か収録されていたので購入。夭逝した子について書いた「萩の花」が印象的。

“人は暗さの中にジッとしていられるものではない。暗い中に火をともそうとするものである。私はわが子が小さいながらもその火をともすものであってもらいたいと思った”
“「宮本常一」 ちくま日本文学22” の続きを読む

日輪の翼

中上健次「日輪の翼」

久しぶりに読み返した。中上作品の頂点は「枯木灘」、「千年の愉楽」、「奇蹟」あたりだと思うが、この作品がなぜか強く心に残っている。

トレーラーで旅する7人のオバの物語。全体にも細部にも難があるけど、有無を言わせない説得力がある。

“おうよ、わしら、クズじゃだ。チリ、アクタじゃだ”

死者の書・身毒丸

折口信夫「死者の書・身毒丸」

高校生の時は全く理解できなかった、というより、あらすじすら掴めなかった。

ほぼ十年ぶりに読んでみて、美しい小説だと感じた。ただ予備知識がないせいで、文章の速度に付いていけない。

した した した。

きつねのはなし

森見登美彦「きつねのはなし」

内田百閒の「冥途」のような雰囲気。具体の伴わない恐怖や焦燥感。「四畳半神話大系」のような作品の一方、こういう作品も書ける、良い意味で器用な作家だと思う。

夏への扉

ロバート・A・ハインライン「夏への扉」

後半のやや乱暴な展開も含めて素敵な物語。50年以上前の作品というのはちょっと驚き。中学生くらいで読んでいたらかなり好きになっていたかも。

“ドアというドアを試せば、必ずそのひとつは―”

闇の奥

ジョゼフ・コンラッド「闇の奥」

新訳で結構読みやすかった。やっぱりこれは植民地主義云々とか人間性の闇とか、そういう話じゃないな。 The horror! The horror!

お伽草紙

太宰治「お伽草紙」

これは良いなあ。太宰治は、このくらいの勢いで書いた作品の方が本来の才能がにじみ出ている気がする。特に舌切り雀なんて仮名遣いを除けばまったく古さを感じない。

宇宙論入門 ―誕生から未来へ

佐藤勝彦「宇宙論入門 ―誕生から未来へ」

新書で入門と付くのは大抵コラム程度の内容で買って損したと思うけど、これは丁寧な仕事。

宇宙スケールの話を考えていると、仕事とか日常の些事なんかどうでも良いやって気分になる。

百年の孤独

ガブリエル・ガルシア=マルケス「百年の孤独」

要約が不可能なほど、豊かで圧倒的な密度の物語。本当に力を持った物語に触れると、感想は出てこない。