Neil Young 全アルバム 2020年代

20年代 10年代 00年代 90年代 80年代 70年代 60年代
はじめに 関連作品

Homegrown(ホームグロウン) 2020年

1974年から翌75年初めにかけてレコーディングされた未発表アルバム。「Tonight’s The Night」、「On The Beach」の後、「ZUMA」の前の時期で、陰鬱で強烈な存在感を放つ前2作とは異なり、サウンド的には「Harvest」から「Comes A Time」につながる、軽快なカントリーロックとなっている。

当初75年のリリースを予定していたが、当時の恋人キャリー・スノッドグレス(Carrie Snodgress)との関係を扱っており、個人的すぎるという理由でお蔵入りに。結果的に、いったん発売が見送られていた「Tonight’s The Night」が日の目を見ることになった。

12曲中、”Separate Ways”、”Try”、”Mexico”、”Kansas”、”We Don’t Smoke It No More”、”Vacancy”、”Florida”の7曲が未発表曲。ベン・キース(Ben Keith)ティム・ドラモンド(Tim Drummond)などおなじみのメンバーの他、ザ・バンドのロビー・ロバートソン(Robbie Robertson)とリヴォン・ヘルム(Levon Helm)、エミルー・ハリス(Emmylou Harris)らが参加した曲もある。

“White Line”は1990年の「Ragged Glory」にクレイジー・ホースとの演奏で収録されたが、こちらはアコースティック版で、ロビー・ロバートソンとのスタジオ録音。2018年発売のライブ盤「Songs for Judy」(1976年のライブ)でも聴けるが、より繊細で胸に沁みる。

コメントを残す