Neil Young 全アルバム 2020年代

20年代 10年代 00年代 90年代 80年代 70年代 60年代
はじめに 関連作品

Homegrown(ホームグロウン) 2020年

1974年から翌75年初めにかけてレコーディングされた未発表アルバム。「Tonight’s The Night」、「On The Beach」の後、「ZUMA」の前の時期で、陰鬱で強烈な存在感を放つ前2作とは異なり、サウンド的には「Harvest」から「Comes A Time」につながる、軽快なカントリーロックとなっている。

当初75年のリリースを予定していたが、当時の恋人キャリー・スノッドグレス(Carrie Snodgress)との関係を扱っており、個人的すぎるという理由でお蔵入りに。結果的に、いったん発売が見送られていた「Tonight’s The Night」が日の目を見ることになった。
“Neil Young 全アルバム 2020年代” の続きを読む

「地球の歩き方」の歩き方

山口さやか、山口誠『「地球の歩き方」の歩き方』

黄色い表紙、青い小口塗りのガイドブックを手に初めての海外に出た人は少なくないのでは。

「地球の歩き方」は1979年創刊。海外旅行の自由化から15年が経っていたが、当時のガイドブックはパッケージツアーの参加者向けに異文化や観光地を紹介するものばかりで、移動手段や宿泊情報を載せた「歩き方」は画期的だった。

本書はその創刊に携わった4人、安松清氏、西川敏晴氏、藤田昭雄氏、後藤勇氏のインタビュー。「歩き方」の歩みは、そのまま日本の「自由旅行」「個人旅行」の歴史になっている。
“「地球の歩き方」の歩き方” の続きを読む

ぬいぐるみとしゃべる人はやさしい

大前粟生「ぬいぐるみとしゃべる人はやさしい」

表題作は、ぬいぐるみサークルの男女を中心とした物語。主人公は人を傷付けることを病的なまでに忌避し、他者の事情に踏み込むことに対して極めて臆病。恋バナに乗れず、男同士の露骨な会話に生理的な嫌悪感を抱く。自分が男であるというだけで、加害者の立場にいると気にしている。

こういう感性の人は昔からいただろうが、その消極的な“優しさ”は非常に現代的だと感じる。令和文学史、あるいは2020年代文学史が語られる時に、その初めに登場する作品になるかもしれない。
“ぬいぐるみとしゃべる人はやさしい” の続きを読む