Neil Young 全アルバム 1990年代

10年代 00年代 90年代 80年代 70年代 60年代
はじめに 映像作品(製作中) 関連作品

Looking Forward(ルッキング・フォワード) CSN&Y 1999年

スタジオ録音としては3作目となるCSN&Yのアルバム。4人とも50代。楽曲、演奏、歌、それぞれに円熟を感じさせる。

ニールが手掛けたのは「Looking Forward」、「Slowpoke」、「Out Of Control」、「Queen Of Them All」。どれも「Silver & Gold」の収録曲に近い優しい曲調。
“Neil Young 全アルバム 1990年代” の続きを読む

Neil Young 全アルバム 1980年代

10年代 00年代 90年代 80年代 70年代 60年代
はじめに 映像作品(製作中) 関連作品

 

Freedom(フリーダム) 1989年

80年代の最後に登場し、ニールのキャリアの中でも代表作の一つと言える名盤。ロック・アンセムとなった「Rockin’ In The Free World」は、アルバムに先駆けてライブで披露され、このアルバムもライブ録音のアコースティック版で幕を開ける。続く「Crime In The City」など勢いのある楽曲が並び、最後は、エレクトリック版の「Rockin’ In The Free World」で90年代への予感を感じさせて締めくくる。

この頃から、グランジ世代の若手ミュージシャンの間でニールの再評価の声が高まり始め、それに呼応するかのようにニールの活動も充実を見せていく。

「Eldorado」は「Freedom」に先駆けて、ツアー先の日本とオーストラリア地区のみでリリースされた企画盤。
“Neil Young 全アルバム 1980年代” の続きを読む

Neil Young 全アルバム 1970年代

10年代 00年代 90年代 80年代 70年代 60年代
はじめに 映像作品(製作中) 関連作品

Live Rust(ライブ・ラスト) 1979年

Rust Never Sleepsツアーからのライブ盤。弾き語り中心の前半とクレイジー・ホースと組んだエレクトリック主体の後半。曲目、演奏ともに充実した内容で、ニールの70年代の締めくくるに相応しい名盤。このツアーは巨大なセットやスタッフの衣装など、演出にもこだわっており、映像版の「Rust Never Sleeps」でその全容を見ることが出来る。
“Neil Young 全アルバム 1970年代” の続きを読む

Neil Young 全アルバム 1960年代

10年代 00年代 90年代 80年代 70年代 60年代
はじめに 映像作品(製作中) 関連作品

Everybody Knows This Is Nowhere
(ニール・ヤング・ウィズ・クレイジー・ホース) 1969年

クレイジー・ホース(Crazy Horse)と組んでの第1作。ソロ1作目では良くも悪くも弱々しく感じられたニールの声に、荒々しい演奏が加わった。その後数々の名アルバム、名演奏を生み出したニール・ヤング&クレイジー・ホースの唯一無二のサウンドがここに誕生した。

ライブでは欠かせない「Cowgirl in the Sand」、「Down by the River」、「Cinnamon Girl」はじめ、全てが名曲。
“Neil Young 全アルバム 1960年代” の続きを読む

ストリーミングサービス

国内で本格的に音楽のストリーミングサービスが始まってから、もうすぐ2年。

Apple Music→Google Play Music→Apple Music→Spotifyと乗り換え続け、再びSpotifyからApple Musicに戻して2週間。今のところ楽曲のラインナップもAppleが若干優位な印象で、とりあえず当面はここに落ち着きそう。

アプリの出来やプレイリストの質、レコメンドの的確&多彩さなど、使いやすさは明らかにSpotifyが上だったけど、昨年末に肝心のDiscover(レコメンド)機能が消えたまま、復活する気配がないので仕方がない。検索で「Spotify:discover」と打ち込むとディスカバーの画面に行けるけど、この裏技(?)は日々使うにはちょっとめんどくさい。
“ストリーミングサービス” の続きを読む

Africa Express


Maison Des Jeunes(2013)

アフリカ・エクスプレス(Africa Express)は、ブラー(Blur)のフロントマン、デーモン・アルバーン(Damon Albarn)によるプロジェクト。ブライアン・イーノ(Brian Eno)らが参加し、2006年から各地でアフリカと欧米のミュージシャンのコラボによるコンサートを開き、アルバムもリリースしている。
“Africa Express” の続きを読む

誰が音楽をタダにした? ─巨大産業をぶっ潰した男たち

スティーヴン・ウィット「誰が音楽をタダにした? ─巨大産業をぶっ潰した男たち」

「音楽を手に入れることだけが目的じゃなかった。それ自身がサブカルチャーだったんだ」

よくあるネット史の概説書かと思いきや、一級のノンフィクション。事実は小説より奇なり。音楽が無料で(その多くは違法で)流通するのは、何となくインターネットの発達の必然で、自然にそうなったような気がしていたが、あくまで人の物語なのだ。“音楽をタダにした奴ら”の姿を丁寧に追っていく著者の筆致は、下手な小説よりもスリリング。音楽好き、ネット好き必読。

“誰が音楽をタダにした? ─巨大産業をぶっ潰した男たち” の続きを読む

Songlines Music Awards

Songlinesは英国の雑誌。BBC Radio 3がAwards for World Music(BBCワールド・ミュージック・アワード)を廃止したのに伴い、2009年に独自の賞を創設した。

毎年、最優秀アーティスト、グループ、多文化コラボ、新人の4部門を選出している。2016年からは多文化部門が各地域部門に変更された。

◇Songlines Music Awards

2009
BEST ARTIST: Rokia Traoré
BEST GROUP: Amadou & Mariam
CROSS-CULTURAL COLLABORATION: Jah Wobble & The Chinese Dub Orchestra
NEWCOMER: Kiran Ahluwalia
“Songlines Music Awards” の続きを読む

BBC Radio 3 Awards for World Music

BBCワールド・ミュージック・アワード

ワールド・ミュージック、と一言で言っても幅が広い。
(世界の広さだけ包括する音楽の幅があるのだから当然だ)

最近のワールド・ミュージックは、伝統的な民族音楽(etnic music)を下敷きにしつつも、RockやR&B、Hip-Hopなど西洋音楽の影響を受けていたり、それらの技法を逆輸入して洗練された音を作り出していて、いわゆるポピュラー・ミュージックが好きな人でも抵抗無く聞くことが出来る。それだけに、触れる機会がないというだけで聞かないのはもったいない。

ただ国内ではあまり馴染みのないジャンルで、日本語で手に入る情報は限られているのが悩ましいところ。

個人的に、興味を持ち始めて最初に参考にしたのが、BBC Radio 3が2008年まで主催していたAwards for World Music。

BBCのサイトは年度ごとに特設ページが分かれており、過去の受賞者をまとめたサイトも見つからなかったため、以下に個人的なメモを兼ねて一覧にしてみた。09年からはSonglinesという英国の音楽雑誌が、賞の精神を継ぐような形でSonglines Music Awardsを主催している。

◇BBC Radio 3 Awards for World Music

2002 Winners
Africa: Djelimady Tounkara
Asia/Pacific: Yat-Kha
Americas: Cachaito Lopez
Europe/Middle East: Taraf de Haidouks
Boundary Crossing: Nitin Sawhney
Innovator: Manu Chao
Newcomer: Susheela Raman
“BBC Radio 3 Awards for World Music” の続きを読む

Peace Trail

Neil Young”Peace Trail”

新譜はJim Keltner、Paul Bushnellとのトリオ編成。
全体で40分弱と短く、やや地味な印象のアルバムだが、1曲目から、まさにNeil Young。
アコースティックを基調としながら、緊張感のある轟音も。
“Peace Trail” の続きを読む